そしてときめきトゥナイトなlast night…。

すっかり漫画欲がもたげた私は、
今の家になんか少女漫画らしいやつ持ってきてたっけ??

と考えて(実家にはあるけど、今の家は相方のジャンプ系少年マンガ、青年誌系、エッセイ漫画などが主なので…)

あ!読もうと思って持ってきてたアレだ!!
と、引っ張り出したのは

ときめきトゥナイト

池野恋


やー、もう、30過ぎて、ときめきトゥナイトでぐっとくるとは思わなかったわー。

しかも、失くしたのか、微妙にとんでて、慌ててブックオフに走る私。

すでにこのりぼんマスコットコミックス版なんてほぼ置いてなく、途中文庫版と、割と最近出たらしい新装版を買い足す…。

気持ちの悪い集め方になってしまった。

ときめきトゥナイト、リアルタイムだと第2部とか3部になってしまっていて、それはいまいち入り込めなかったんだけど、(ギャグ要素が薄まってシリアスになってて)

正統派ラブコメディな第1部は大好き!

吸血鬼と狼女の間に生まれた魔界人の蘭世が人間界に住んでいて、人間の真壁くんに恋をする話なんだけど、

途中から、魔界の王家の話やら、舞台もワールドワイドになり、二千年前の伝説とか、なんというか、モンスターファンタジーー??

で、コメディ?

少年マンガみたいな戦いのシーンあり、なんでもありなのだ。

少女マンガだけど、わたしにとって、ドラゴンボール的なんだよね。

ギャグ要素もあって、不思議なモンスターみたいな登場人物がいて、主人公の成長もので…。

絵もきれいだしなあ。

はー、満たされた。

りぼんっ子だなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です