浸水被害にあった時、捨てたものと使えたものまとめ

先日の台風19号の被害、あまりにも甚大で胸が痛くなります。

私も2015年に、関東東北豪雨で鬼怒川が決壊し、自宅(当時は賃貸アパート住まいでした)が1メートルくらい浸水しました。

2016年9月に書いたブログ記事ですが、被災した方の何かヒントになればと思い再掲いたします。

水に浸かったものでも、まだ使えるものもあります。全部捨てる前に、ご参考になればと思います。

以下2016年9月の記事です。

もうすぐ、常総の水害から1年。

そしてまた今年もあちこちで水害…。

自然はほんとにこわいなあとおもうし、去年の自分と重ね合わせてすごくかなしくなる。

去年の水害で、うちも床上1メートル以上…。
一階のものはほとんど水没。

水が引いてみて、冷蔵庫はひっくり返ってるわ、あまりの惨状に、ええい!あれもこれも捨てちゃえ!!!

と、思わなかったといえばうそになるが、

それでも愛着のあるものはたくさんある。

なるべく出費もおさえたい。

明らかにダメなものはあきらめたけど、
なるべく捨てないように努力してみた。

水害にあったとき、

すこしでも参考になったらいいなと思って、去年のことを書いてみることにした。

あくまでうちの場合であり、水没の度合いによってはなおらないものももちろんあるけど、なるべくあきらめないでほしいなあ。と私は思う。

去年のうちの状態。

自動車は完全に埋まるくらいの水位までは来ていた。

引いたあとのうちの中。

あーあ。って感じ。

これ片付けんのかよ。

しかもくさいのだ。

もうぜんぶ捨ててなかったことにしたい。

でもがんばった。

まず、修理できたもの、洗ったもの。

バイク。 完全に埋まり、あきらめかけてたけど…。

洗って、ばらして、オイルも交換したり、私にはよくわからないいろんな作業を経て、そして、乾かして乾かして乾かして…。
復活。

びっくりした。

被災直後、たくさんのバイクが業者に回収されてゆくのを見かけた。
被災ビジネス…。

直るからあきらめないでほしいなー。と思った。

掃除機、洗濯機も直った。まず、家電はかならず乾かしてから電源を入れないとショートするので、気をつけてくださいね!

掃除機はスティック型。
完全にこれも水没。
洗濯機は、幸い浮いてて、洗濯槽は綺麗だった。
でも、細かい泥のせいかモーター音がかなりうるさくなった。そしてたまにエラー。

機械マニアの父のおかげでどちらも再生できた。
自転車も、水圧で歪んだりしてたけど、洗って直した。ベルはつかいものにならなかったのではずした。

テント、その他アウトドアグッズも、とにかく丸洗い。

食器類は、煮沸消毒→ハイターを2回。それでも細かい泥が出るおそろしさ。

すごーく、個人的に頑張ったのが、CD、レコード、DVD!

とにかく、綺麗にあらって、レコードは針を落として溝を掃除して、

CDクリーナーや、レコードクリーナーでひたすら磨く。

ジャケットも、出来るだけそうっと泥を落として、キッチンペーパーと新聞紙で挟んで、紙を変えながら2週間ばかり。

しっかり乾かせば、とりあえずは残る。くっついちゃうから、なかにレコード入れたり出来ないけど、うちは壁掛けにしました。

本当に、すてないで~。と思う。

同じように、大事な写真もある程度保存出来るはず。

とにかく、紙で挟んで、重石をして、ゆっくり乾かすこと。

エアコンの室外機も、うちは大家さんのものなのでどうしたかはわからないけど、直るケースも多いらしい。

床は剥がして、壁も剥がして、断熱材も取る。
カビの温床になるので。

かつてのキッチン。

こんな状態で、2階でしばらく生活していた。

あきらめたもの。

ソファ、カーペットなどの布もの。これらはどうにもならない。

乾いても臭すぎる。

カーテン代わりにしていた布も、ほんの少ししか汚れてなかったけど、洗濯しても、細かい泥なのか?白っぽいのが取れなかった。

調理家電。衛生面的に…。炊飯器、湯沸かしポット、ハンドブレンダー、焼肉鉄板などなど。

煮沸消毒できないプラスチックの食器も捨てた。

靴も、ほぼ捨てた。

水遊び用のサンダルくらい。しっかりハイターに漬け込んだ。

本や雑誌、漫画も泣く泣く捨てた。貴重なものもあったのになあ。

お風呂の小物たちも、裸に触れるものだし、衛生面的にすべて捨てた。

冷蔵庫は、洗って修理をしたけれど…。冷凍は使えたけど、冷蔵がダメ。気に入ってたけど、泣く泣く処分。

父からもらった古いアンプとスピーカーも、捨ててしまった。

あとは、合板の家具は水を吸うともうどうにもならない。

ニトリとか、IKEAで買った安い家具たち。
キッチンのカウンターテーブル、いす、引き出し式のゴミ箱、オーディオ機材を載せてたパソコンデスクと引き出し。

引き出しとか、ふくらんじゃって開けるのが一苦労。

他のおうちで見かけた、一枚板のいいテーブルとかは大丈夫そうだった。
やはりいいものはいいんだなあ。

被災すると、ほんとに暗くなるし、やることだらけだし、役所の手続きとかもあるし、嫌になりますが、本当に大事な品は安易に捨てないでほしいなー。
と思います。

そのときは、つかれきってるし、すべて捨てたいけど、あとで、

あれ?あればどうしたっけ??
ああ、捨てたんだな。もう無いんだな。
と私はかなりさみしくおもいました。

なるべくお金をかけずに、ボランティアの方に
も頼れるところは頼って、後悔しないようにしてほしいな。と思います。

いっこくもはやく、日常が取り戻せることをお祈りしています。

車も、私の車は幸いシートの下くらいの浸水度合いだったので、動いたのですが、その後の修理が結構お金はかかりました。
愛着のある車だから後悔はしてないけど…。
バランス、難しいですね。

被災した後するべきこと
こんにちは、じぞうです。 台風19号の被害があまりにもひどくて、悲しい気持ちになります。 日本のどこにいても、災害に遭う可能性はあります。 もし自分が被災したら、どうしたらいいのか? 私が2015年に関東東北豪雨で被災した時にやった事をまと

被災した後に必要なことをまとめました。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました