BLOGについて

このサイトでは、私が今までに綴ったブログを全部まとめてあります。

2006年の7月、まだ美容室に勤務していた時のものからあります。ですので関連記事などで古いものが混ざって出てくるかもしれません。

毎日更新!を掲げて頑張っていた時もありました。(内容は非常に薄かったとおもいますが…)

基本的に、私の日常をただダラダラと綴っているものですので、笑って読み流していただけると幸いでございます。

ふくろうの染物屋さん。

小さい頃、私は
ふくろうの染物屋さん


という絵本が妙に好きだった。
むかしむかし、鳥たちはみんな真っ白で、

ふくろうの染物屋さんが、その鳥に似合う色に羽根を染めていた。

みんなに人気のふくろうの染物屋。


ある日、カラスが噂を聞きつけ染めてもらいにやってくる。

ああでもない、こうでもない…とやってるうちに、カラスの体はまっくろに!

仕上がりを見たカラスは激怒!!!


こうして、カラスは真っ黒の羽根になり、ふくろうはカラスを恐れて夜行性になった…。


とゆー内容の話なのだが、
大人になり、美容師になって、

カラーをするたびに、

なんとなく、この話を思い出す。
さて、
最近染めたのは
髪でもなく、
羽根でもなく…
お洋服。

白のロンTを、空色に。

油染みのついてしまった白に袖のスタジャンを、グレー系のタイダイに。

ポケットもそめた。

ベストカラーのグレーの発色が、思っていたより茶色のような、紫のような発色なので、急遽次の日に、黒を買ってきて上から染めた。

それでも黒にはならないね。

ヘアカラー剤が、メーカーによって発色の差があるように、きっと染料の配合とかで色の出方が違うんだな。

髪の毛と違って、ベースが白だから濃い色って難しいな。
襟と袖のリブを染めないようにやるのがムズい…。

こちらも白いボディのラグランTを染めた。

初めての単色染め。

これだけは単色なので、鍋で煮出して染めてみた。

ちょっとムラが…。

染料の溶けむらがそのままでるなあ。
染物、奥深い…。
カラスならぬ、依頼主の相方を激怒させるような仕上がりにはならなかったけど、まだまだ研究の余地がたくさん!
今度は何染めるかな…。

コメント