BLOGについて

このサイトでは、私が今までに綴ったブログを全部まとめてあります。

2006年の7月、まだ美容室に勤務していた時のものからあります。ですので関連記事などで古いものが混ざって出てくるかもしれません。

毎日更新!を掲げて頑張っていた時もありました。(内容は非常に薄かったとおもいますが…)

基本的に、私の日常をただダラダラと綴っているものですので、笑って読み流していただけると幸いでございます。

ITを読み終えて…

IT スティーブン・キング


全4巻すべて読了。
ふぅー、体力いるぜ。
でも、久々にホラー小説を読むのはすごく楽しかった。

展開もおぼろげには憶えているのだけれど、細かい所はすっかりわすれているので、それもまた主人公たちと重なって良かった。

(主人公たちは27年ぶりに地元デリーに戻ってきたのだが、記憶をITによって消されていて、デリーに戻ったことによって徐々に思い出してゆくのだ。)
ホラーで、ものすごく怖いんだけど、昔の少年だった頃の回想や描写がとても青春というか…

スタンドバイミーなのだ。
まあ書いてる人が同じなのもあるけれど。
狂ったジャイアンのような、いじめっ子に追いかけられるところとか、

自分たちの秘密基地をつくって、そこでみんなで遊ぶのとか、
ここまで強烈にではないにしても、どんな人にもあるなつかしい記憶。
前に読んだのが小学生だったのもあって、ひどくノスタルジーを感じた。

あと、今読みかけなのは、
クマのプーさんエチケットブックA.Aミルン


つくばにある、同級生の本屋さんPEOPLEで買ったもの。

クマのプーさんのシリーズも、子供のときすごくすきで、

そういやうちにも、プーさんの料理本があったな。

あれも絵本のワンシーンがかならず書いてあって面白かったな。

と思ってつい買ってしまった。

インテリア本を見に行ったのにね。(それも買ったけどさ…)
まあそういう思わぬ買い物をするのが本屋の良いところ。
これも、プーさん版、暮らしの手帳みたいで面白い。
-たずねたおうちの家事の手抜きについて、あれこれいってはいけません。ゆかにキノコがはえているような気がしても、です。


-不意にたずねていった先では、なにかひと口つまむ時間であっても、お茶を催促してはいけません。でも、それとなく身ぶりで示す(たとえば、食器棚のほうをちらっと見る)くらいなら、かまわないでしょう。


ふふふ、ニヤリとしてしまう。
百エーカーの森の住人みたいな、エチケットがこれを読み終わったら身につくかしら…?

コメント

タイトルとURLをコピーしました