キッチン


キッチン 吉本ばなな

はじめて読んだよしもとばなな作品は、

TSUGUMIだったか…

キッチンだったか…
でもたぶんキッチンだったと思う。
暇を持て余してた小学生のあたしが、
ねえ、なんか読む本ないの?
と母にたずねたら、出してくれたのだ。

それからずっと、彼女の本を毎回楽しみに読むのだけれど、
いつも変わらず、読んだ後すっとする。
最近のを読んでも、キッチンみたいな、ごく初期の本を読んでも、

変わらない。
あらためて読んだら、ほんとうに、この人の表現が私の中にしみこんでるんだなあ。

と思って笑ってしまった。
先日、母の友人Aさんに宛てたメールの中で私は、

母は生よりも死の方と仲良くなってしまって…

という内容の文を書いたのだが、
なんとキッチンの中にその元ネタが!
-…だれよりもわかりあえた妻は、もう、私よりもパイナップルよりも、死の方と仲良しになってしまった。


オカマのお父さん、えり子さんが、まだ男だった時のことを話してくれるシーン。

ガンで末期の奥さんが死ぬ間際ののことを話しているところ。
意図せずして、全く同じ表現…。
すげー。無意識にしみこんでる!

と、なんか感動してしまったのでした。
主人公みかげが、その奥さんの話を思い出しておもったこと

-でも、今は、吐きそうなくらいわかる。

なぜ、人はこんなにも選べないのか。

虫ケラのように負けまくっても、ご飯を作って食べて眠る。

愛する人はみんな死んでゆく。

それでも生きてゆかなくてはいけない。


小学生のときは、昔のみかげみたいに、ピンときてなかったけど、

34歳の今、

このみかげのおもったことが、すごくわかるようになっていた。
どんなことがあっても、生きてる限りどうにかなるし、

どんな状況であっても、

どうにか生きていかなくてはいけないのだ。
なんで急に読みたくなったのか分かんなかったけど、

私の中のどこかがこの本を欲してたみたいだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です