にわかにVHS生活。

被災した後くらいに、

昔録画した古い番組とか色々観たくなって、VHSのデッキを買った。
もちろん中古だ。
今の時代新品は売ってない。
DVDも付いてて、それにダビングも出来る賢い子だ。
で、いつかそれらの番組やら、実家に大量にあるVHSをDVDに焼こう焼こうと思って早2年弱…。
最近、子供の時に観たディズニー作品を観たら、吹き替えが変わってて愕然とした。
うおぅう…、違う!!!

こんなんじゃない。何かが違う!!!
私は四姉妹の長女、かつ、歳がかなり離れているので、

私の家では、かなり長い間、ほぼ毎日それらのビデオがなにかしら流れている生活だった。
なので、音とか声とか歌が違うのが、
ものすごおおく 気になるのだ。
慣れの問題かもしれないが、古いやつの方が、表現もすてきだしね。
不思議の国のアリス     の  いかれ帽子屋


(いまは、マッドハッターと呼ばれているが…)
なんて、さいこうにすてきだ!
きっと、いまは、いかれてる  というのもNGワードなんだろう。

つまらない世の中だ。
というわけで、昨日からずーっと、実家から持ってきては、ひたすらVHSを流しては録画。
もちろん、コピーガードがかかっていてできないものもある。というか、ほとんどなんだけど、

父がどこからか借りてきて録画したやつとかね。いくつか貴重なものもあった。
南部の唄(スプラッシュマウンテン)  

の元ネタとか、
三人の騎士   (DVD出てるけど、新吹き替え…。)
行方不明になっているものも結構あって悔やまれる…。

VHSと共に、思い出の旅へ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です