BLOGについて

このサイトでは、私が今までに綴ったブログを全部まとめてあります。

2006年の7月、まだ美容室に勤務していた時のものからあります。ですので関連記事などで古いものが混ざって出てくるかもしれません。

毎日更新!を掲げて頑張っていた時もありました。(内容は非常に薄かったとおもいますが…)

基本的に、私の日常をただダラダラと綴っているものですので、笑って読み流していただけると幸いでございます。

歩き方考。

ヒール靴を履くようになって、
まだそんなに経ってないのだが、
足の形が変わってきた…。

前はもっと、ししゃもも巨大化してたし、

前ももの張りもすごくて、

膝上の肉のボリュームがすごかったのだが、
明らかに前よりはマシになってる…(※当社比です。)

まだまだそりゃあ太いけどさあ。

何故か???


私なりの考察だが、
ヒールで綺麗に歩くには??

てな記事をネットで読み漁って、

歩くときは、内くるぶしが正面から見えるように歩きましょう。


という事が書いてあった。
つまり、足先の角度が

開くのだ。
これじゃあ、ガニ股になるんじゃないの?って思ったけど、

足幅は広く取らずに、一直線上をあるくので、そうならない。

足先を開くことで、お尻もキュッと力が入るし、

多分内ももを使うのだ。
バレエの、プリエのポーズも、よく考えたらつま先はすごく開いている。
バレエといえば、内もも!美脚!!
今まで私は、足先を開いて歩くことはしてなかった。

まっすぐ正面が正しいと思っていたけど、

そうすると、前ももの筋肉と、すねの筋肉を酷使してしまうので、足にいらないボリュームが付いているんだと思う。
いままで気にしたことなかったけど、確かにいつもすねが張ってた。よく歩いた後とか。
一人で納得。
確かに、安定性と言う意味でも、足先開く方が安定するはずだ。

こんな、20センチちょっとの足で、150センチ以上ある高さの物を支えているのだ。

しかも頭の重さは5キロはあるという…。

それを、不安定な足元で支えてたら、余計な力がかかって、いらない筋肉がつく。
なんか、一人すごくこの研究結果に納得してるんだけど、正しいのかしら??
歩き方について調べても、ヒールで歩く方法以外では、足の角度についてはあんまり情報がない。

姿勢良く。とか、目線を上に。とか、重心のかけ方。についてはよく載ってるんだけどね。
一緒に研究してくれる人募集中…。

コメント