酒漬けの日々とボヘミアン・ラプソディー

あけましておめでとうございます。

30日の夜から酒浸りの日々でした。

呑む・食べる・寝る・呑む・食べる・寝る…

気づいたら2019でした。

流石に今日の昼間は呑むまいと、

ひとり映画してきました。

わたしの母はクイーンが好きだ。

なので、

なんとなくこれは観ておかなくてはなあ。と思っていたのだ。

妹はすでに観たらしく、よかったよー。と言っていた。

30日から、なんとなく、

毎日きものキャンペーンを自分に課していたので、とりあえず着物で。

なるべく空いてそうな映画館を選んだけど、それでもやや混んでたらしく、席は最前列ど真ん中。

体勢はつらいが、臨場感はいちばんだ。

感想としては、

QUEENのファンじゃない人が観て、楽しいのかな?

私は好きだから、大音量で曲が聴けるだけで嬉しいけど…。

私だって、フレディの死後に聴き始めたので、全然リアルタイムじゃない。

高1の冬くらいに、母に何故かクイーンブームが到来して、

家で朝から流しまくってたので

それで格好良いな。と思ったのだ。

ロックだけど、クラシックみたいな、オペラみたいな、でもNO synthesizers! で、音がゴージャスでやられたのだ。

ジャンルはだいぶ違うが、その後に私が好きになったRAGE AGAINST THE MACHINEも、ノーシンセサイザーって書いてあって、密かに私はクイーンとおんなじだ!!と思ったのだった。

母が買い集めたCDたち。

オペラ座の夜が一番すきだ。

母が、

預言者の唄(the prophet’s song)がいいのよ。

これを、イヤホンで聴くのがいいのよ!

と熱弁してたことを思い出す。

ボヘミアンラプソディーも長い曲だが、こっちはさらに長い曲である。8分半くらいある。

ブライアンメイはお琴をひくのよ。

妙に嬉しそうに母は言っていた。

フレディももちろん好きだが、ブライアンメイびいきらしい。

(華麗なるレースの)手をとりあって が本当ジーンときちゃうのよ。

日本語でフレディがうたうのよ。

と、

かなり母からクイーン洗脳を受けていたので、

どうにも思い入れが深いバンドだ。

映画を観たら、

DEATH ON TWO LEGSがすごく聴きたくなった。

なんか、レコード会社だかなんかのことを超ディスってる歌だったよな〜。と思って。

改めてライナーノーツ読んでみたら、当時のマネージャーの悪口の歌だった。

で、その辺のマネージャーとかレコード会社との軋轢のことが書いてあったの読んだら、やっぱり映画は史実に忠実ってわけじゃないのね。って気づいた。

そーだよねー。

なんか、映画はとても綺麗にまとまってて、

それでみんな感動しました!!

みたいな感じがちょっとモヤモヤして、

ひねくれ者の私としては

すごくよかった〜!とは思えなかったのだ。

臨場感はすごかったとおもう。

あと、フレディが寝巻きにしてる襦袢?振袖??かわいい。

とかげみたいな革ジャンもかわいかった。

猫好きだったんだなー。

しらなかった。

音に関するこだわり、レコーディングのシーンとか、実際とは違うのかもしれないけど、こんな感じだったのかな〜?って想像できるのが良かった。

もっといろんな曲が聴きたくなるので、

うまくできてる映画なのかもしれない。

ママはフレディの生歌が聴けているのだろうか?

そちらの世界が羨ましい。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました