BLOGについて

このサイトでは、私が今までに綴ったブログを全部まとめてあります。

2006年の7月、まだ美容室に勤務していた時のものからあります。ですので関連記事などで古いものが混ざって出てくるかもしれません。

毎日更新!を掲げて頑張っていた時もありました。(内容は非常に薄かったとおもいますが…)

基本的に、私の日常をただダラダラと綴っているものですので、笑って読み流していただけると幸いでございます。

漫画棚自作!(忘備録)

屋根裏が、すっかりモノで溢れていた。

ただでさえ入りきっていなかった漫画や本、

ちまちま(いや爆買い??)買い溜めしたリサイクル着物たち、

ハマってさらに数を増やした漫画(ゴールデンカムイ !!!)、

続きを楽しみにしている漫画、

着物関連書籍、

その他増えた本…。

あとは仕事道具とかですかね。書類と。

さてどうしたものか。

とりあえず収納を増設するしかない! と思い、 ホームセンターへ。

すっかり木材の買い出しは慣れた。

軽自動車でも、意外と運べるものだ。 最大で2.6メートルの板を載せたことがある。

今回は長いものでも1.8メートルほどなので余裕。

板を載せる時は、毛布とかひざ掛けで端っこを巻いて保護してます。

着物棚と漫画棚を今回は増設。

漫画棚の作り方(自分の為の忘備録)

前回と同じものを作った。 前回の反省を踏まえ、キャスターの位置を変えた。 すごくグラグラして安定が悪かったのだ。(今回ついでに直した)

前回記事はこちら。

漫画棚増設。
漫画部屋…。というより、物をぶち込み過ぎてただの物置と化してるのが、ずっと気になっててというのも、自作本棚に漫画が入りきってないのがそもそも散らかる原因よね。と思ってやっと本棚増設…。いつものごとくDIY。1...

本棚製作記録①

本棚を作ろう!その1
クローゼットに引き続き、今日はせっせと本棚製作…。・たくさん本が入る・壁のサイズに合わせたい・蔵書が把握しきれないので、可動棚にしたいすでに運び込んでる本だけでかなりの量。そして、それぞれの実家にまだ置いてある漫画や...

本棚製作記録②

本棚を作ろう!その2
はー。1日24時間じゃ足らない…。やりたいことだらけ!!!何でかというと、本棚が、漫画が多すぎて足らなすぎる…。とっ散らかったまま、この部屋、依然として片付かず…。そして、写真に写ってない手前にも漫画が…...

必要なもの(棚二つ分)

・1×4材 1820ミリの物9本

・1×1材 1820ミリの物2本

・キャスター 適度な大きな物8個

・ネジ

ネジは主にこちらの2種類。

キャスター用は16ミリくらいが飛び出なくて良いかな。

もし作る棚が1つだけなら、1×4材は1820を4本と910を1本か、910を9本買えばいい。 長尺の方が割安なので1820にしてるだけです。

道具は、

・インパクトドライバー

・サンダー

・のこぎり

くらいですかね?

インパクトはこれ使ってます。

材料のカット

めんどくさかったら、ホームセンターで1カット¥30〜50くらいでやってもらえます。綺麗だしおすすめ。

自分でカットするとこんなに正確に切れない。
数値は参考程度に。笑
  • 910ミリ4本は縦の高さになります。
  • 455ミリ4本は横幅になります。
  • 417ミリ6本は棚板
  • 180ミリは棚受けと、スノコ的に接合する役目です。

カットしたら、軽くサンダーをかけておきます。そして長さを微調整。笑

仕上がりイメージ

そして下にキャスターが付く。

大体一段に30冊くらい入るので、120冊くらい収納できます。

まず、棚受けを付ける

計算出来ない子なので、間違えて付けちゃって
よくみると穴が開いてます。

1番長い910ミリの板を2つずつ並べて、

1番上をまずビス留め。

留めた1×1材の下から210ミリの所に、次の1×1材を取り付ける。

1番下は少し広くなります。

一般的な漫画サイズです。

入れたい本によって変えてください。

底板を作る

今回も、ケチって(いや、手に入りやすい材料だし!)ほぼ1×4材のみで作っている為、

底板をスノコ状にしないとバラバラになっちゃいます。

こんな感じ。

455ミリの板を2つ並べて、180ミリの棒が2本あまってるはずなので、それを取り付けます。

両端にキャスターをつけたいので、キャスターが動けるように端をあけて留めます。

※前回の失敗ポイント

前回は端ギリギリにつけてしまって、キャスターが内側になってしまって不安定だった。

あと、キャスター100均のだとやっぱり弱かった。それもあって前回のは動きがイマイチ。

天板と底板を付けるよ

2回とも、間違って裏返しに取り付けてしまった…。アホ…。

まず底板から。

端っこに1×1材がついてない方を上にして910ミリの板を二つとも立てます。

その上に、写真の向きで底板を乗せます。

留めます。

ビスの打ち込む位置も、前に打ったのと干渉しないように気をつけて。

ここだけは、長めのもの(45ミリ)を使ってます。

しっかり留めたら、

反対側に天板を乗せます。

乗せたらビスどめ。

ほぼ完成。

キャスターを付ける

もう一度逆さまに戻して、4隅にキャスターをつけます。

キャスターつける前。

キャスター要らなければ、底板に付いてる脚の部分をもっと端っこにつけるとバランスが良さそうです。

棚板はのせるだけなのだ。

実は、棚板は固定していません。

正確に切れていれば、ちょうど良いはず??

私は、入りにくいものと、スカスカなものとあります。

完成!

手前2つが今回作ったもの。

今回、計算ミスって、1×4材1本余計に買ってきちゃったし、

あと少しだけ入りきらない漫画があるので、もう一回増設しようと思います。

大量の釣りキチ三平が今回収納できて嬉しい!!

かかったお金

1×4材、200円前後で売られています。

今回は約250円くらい×9本。

1×1材はもっと安いです。

キャスターがひとつ150円くらい。

ざっくり、木材が2500円として、キャスター8個で1200円、ネジ。

本棚2つ作って、4000円程度というところでしょうか。

一つ2000円。

手間を考えて安いと取るか高いと取るか…。

あと、キャスターの位置を改善したとは言え、幅が狭い作りなので、ぐらつきやすいです。

もし参考にする時は、小さいお子さんがいらっしゃるお家はお気をつけくださいね!

漫画重いですからね…。

私は素人なので、くれぐれも自己責任でお願い致します。

片付けてたら、いろいろ読みたくなっちゃった。

屋根裏に引きこもりたい。

タイトルとURLをコピーしました