BLOGについて

このサイトでは、私が今までに綴ったブログを全部まとめてあります。

2006年の7月、まだ美容室に勤務していた時のものからあります。ですので関連記事などで古いものが混ざって出てくるかもしれません。

毎日更新!を掲げて頑張っていた時もありました。(内容は非常に薄かったとおもいますが…)

基本的に、私の日常をただダラダラと綴っているものですので、笑って読み流していただけると幸いでございます。

コロナ雑記 4/17 MADMAX

最近は、なるべく買い物に行く回数も減らしている。

安いところでまとめ買いして、今まで家計簿なぞつけてなかったが とりあえずいくら支出してるのかだけでもアプリで記録することにした。

買い出しの日

おとといは、肉類をまとめ買いすべく 旭の植田商店に行った。

怪しげな輸入食材と生肉が売ってる なんとも味わい深い商店だ。

怪しげとはいえ、それは私が学がなくて言葉を解読できないからであって いろんな国の(おそらくメジャーな)食材が売られている。

スパイス類、豆類、ココナツミルク、タイ食材、中華食材、そして今回のお目当ての肉は この近隣では間違いなく1番安い。

料理については、うちは相方が仕切っている。

なので、甘えっぱなしなのだが 昨日の昼は植田商店で買った豚肉でつくったソーキ煮がお昼のラーメンに入っていたし

昨日の夜は 牛肉のハラミを焼いて食べた。

ありがたいことだ。

その他スーパーも寄って帰宅。

YouTube動画

暇なので、動画をたまに撮ってはYouTubeに載せている。

じぞうの きもの沼からこんにちは vol.1 唐子柄

じぞうの 着物沼からこんにちは vol.2ウール着物沼

じぞうの 着物沼からこんにちは vol.3 おうち着物とエプロン沼

本当に、大したことは言ってないし 見ても見なくてもいいような動画だけれど まあどなたかの暇つぶしになれば幸いである。

そんなことをやって、私は日中過ごしている。

やや本格化してきた農のこと

昨日は、農作業をした。

こうやってみると髪色いい感じだ

絶対使わないと思っていたもんぺが大活躍だ。

人生は何が起こるかわからん。

未知のウイルスに怯える日々がくるなんて、それも想定外だ。

水害でアパートが水没した時も思ったけどさ。

生きていると、予想の斜め上どころか いや、絶対ないでしょ!っていうところから災難というか思わぬ出来事が起こる。

やっぱりドラマよりも人の人生についてインタビューする方が面白いと私は思う。

さっきの写真で植えていたのはバジル
なんだか分からぬ…
さっきの畝を作った状態からマルチをひいた。(本格的!!)

…とまあ、スナップエンドウを植えてみたのだ。

見よう見まねなので、おそらくツッコミどころはたくさんありそうだが 数も多めに植えてあるのでいくつかは生き延びてくれるだろう。

おふざけ。

最近買ったばかりのクワがあるので、ゾンビが出ても大丈夫な我が家である。

カーテン直し

野良猫のドラを保護しようとして うちのレースカーテンがボロボロになったので

暇なので(あと買い直すのもったいなくて)とりあえず修繕。

まあ、とりあえず凌ぐには良いだろう。

縫っていたら、うちのほよ猫氏がものすごい勢いでじゃれてきたので困った。

カーテンって魅力的なのかな…。

さて、本題?MADMAX

そういえば、マッドマックスって観てないなあ…。って思って、今観ている。

いろんな人が(私の好きなタイプの人たちが)絶賛していた マッドマックス 怒りのデスロード。

最高だ。

私が今更言うまでもなく。

フェリオサが格好良すぎて

髪の毛をベリーショートにしたくなった。

今日は、

最初のやつからちゃんと観ようと(うちには 数年前に相方のために買ったマッドマックスの5枚組ブルーレイがあったのだ)

買ったのに、私は全然観てなかったの。

今、2作目を観終えたところだ。

2作目が、いわゆる思い描いていたマッドマックスの世界観で 

荒野をモヒカンの人たちがジープで走り回る感じだった。

すごくよい。

ファイヤーパターンの布を探して、半衿にしたりしたい。

帯はもちろん革だな。

鋲とか打って。

私の手持ちのアンティーク黒留袖が合いそうだ。

髪の毛もちょうど派手だし刈り上げてるし、マッドマックス的な髪型にはもってこいだ。

マッドマックスイメージで着物撮影したいなあ…。

肩パッド感を出すのに 陣羽織なんかも良さそうだが 間違えると 北九州の新成人みたいになりそうでバランスが難しい…。(両者にあまり違いがあると思えないけど…)

3作目も楽しみだ。

世の中がきっとこれから不景気で貧困化して、マッドマックスのよーな世界にならないとも限らない。

いつかのために、

車をいじる知識と 竹槍くらいは用意しておいた方が良いのかもしれない。

まだあの世界観で生き延びられる自信が私には無い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました