完結…か。

Amazonのおすすめに、

先生の白い嘘8巻があって、

うおお!いつの間に出てたんだ?しかも完結って…。と思って、

またも本屋へ走ってしまった…。

もうホント本を増やさないって私無理だよ。

しかも、鳥飼茜さんの対談本も出てる…。

よ、読みてえ…。

対談本の方はちょっと我慢して、(でも絶対買っちゃうな。近々…)先生の白い嘘だけ。

新妻くんかっこよすぎかよ。

美鈴先生の全校集会の話も、あんなにまっすぐに語れる先生はかっこいい。

きっと、ああいう風に語られても、私が高校生だったら、先生の真意まで汲み取れる力は無さそうだけれど…。

先生の現国の授業で、夏目漱石のこころ をやってて、私も担任が現国の先生で、こころ やったなあ。となんかタイムスリップ。

いつも授業が、先生の恋愛観みたいな話になってたな…。と懐かしく思った。日本文学って恋愛の、しかもなんていうか湿り気のある話多いしね。

舞台は現代で、全然違うけど、そういう日本文学みたいな読後感。

いろいろ悩んだ末の、女の潔さ。

男の人ももちろん決意とか潔さはあるんだろうけど、女の人ならではの男前な感じ?すごい言葉として矛盾してるし、男女区別して語りたくはないけど、全て知った上で受け入れる強さみたいなもの、私もよく考えることで、自分がそうしたいから、そうする。

こう決めたから貫く。

私は好きな考え方だ。

それが世間一般からみてどうではなく。

こんな先生が身近にいたら、どんな大人になるのだろう。

新妻くんは、大人であり、こどもっぽさもあり、すごくかわいい。

いいなあ。美鈴先生。

年下萌えなんて今までなかった感覚だなあ…。

日々ババアになってることを実感するわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です