花嫁プレイ…。

今日は着付けのお稽古だったのだけど、

一緒に練習している方が、花嫁の着付けを練習中なので、モデルをやらせてもらった。

普段私は列席の方しか担当しないので、花嫁衣装に触れることもなく、まだ着付けも留袖、訪問着、やっと振袖帯結びを教えてもらってる段階なので、すごく新鮮!!

白!白!白!!

って、白無垢だから当たり前なんだけど、洋服でも全身白ってあんま着ないし、お着物でも、喪服で真っ黒は着たけど、すごく新鮮ー。

地黒が目立つぜ!

着物って、袖の長さ以外は、ほとんど同じ形なのに、胸元の合わせとか、帯の位置で全然イメージが変わる。

もちろん、普通の着物と違う点はたくさんあるのだけれど…。

衿の合わせと、開き具合だけで、

つまり、襦袢の段階だけでも花嫁らしいのだ。

ふしぎ〜。

つくづく、着付けってデザインだな。と思う。

着る人の年齢とか、立場とか、若く見せたいのか落ち着いて見せたいのか、それに応じて同じ着物でも調整できる。

面白い。

下に着てる黒のTシャツ見えてますけど…。

衣紋もこんなに抜くんだなあ…。

シルエットがもりっとしててかわいい。

そして重い!!

1人で歩けないよ〜。

歩く時の裾の持ち方を先生に教えてもらって歩いてみる。

おお〜。歩ける。

大奥みたい〜。きゃ〜!たのしい〜。とみんなではしゃぐ。

アホ面…。

そして顔がうすい。

メイクもリップを濃くしないと映えないなあ…。

眉も、割と濃いめに描いてる方だけど、もっと濃くないとだめなんだなあ。

着てみると勉強になる。

髪型も大きくないと負ける。ということがよくわかる。

私のちりちりのでかいお団子でも足らないくらいだ。

大きい花とかついてる方が格好良いよね。やっぱり。

モデルをやるのも、本当に勉強になる。

あ〜、たのしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です